保湿クリームと乳液の違い

保湿クリームの役割、そして乳液との違いとは!?


保湿クリームと乳液の違いとは?

意外と知られていない保湿クリームと乳液の違いについて、簡単に解説していきたいと思います。そして、どちらもお肌のお手入れに必要な理由もお話していきます。保湿クリームと乳液の主成分はほとんど同じである場合が多いので、同じものと勘違いされている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実は、保湿クリームと乳液には決定的に異なる部分があるのです。

それは油分と水分の含まれている割合です。乳液は水分を多く含んでいるため、クリームよりもやわらかいテクスチャーです。一方、保湿クリームのほうは油分を多く含んでいるのでこってりとしたテクスチャーになります。この水分量と油分量の違いから、保湿クリームのほうが保湿力に優れているということができるわけです。

保湿クリームは水分の蒸発を防ぐ役割をしてくれる

このように保湿力の高い保湿クリームは、乾燥肌対策に用いるものじゃないのか、と思われる方も多いかもしれません。もちろん、乾燥肌対策にも大きな期待が持てますが、保湿クリームの働きは乾燥肌だけに特化したものではないのです。

それは保湿クリームが、水分の蒸発を防ぐ働きをするからです。この働きは、化粧水の効果を高めることにもなります。というのも、お肌に化粧水をつけただけの状態では必ず蒸発してしまうので、せっかくの美容成分も台無しになってしまいます。

そこで登場させたいのが乳液と保湿クリームです。両方を使うことでお肌の水分が逃げないように蓋の効果を担ってくれるからです。乳液は保湿力こそ保湿クリームには劣りますが、お肌の水分を防ぐ点ではとても優れています。

化粧水の蓋の役割をする保湿クリームを手助けさせるイメージで、お手入れに使用していければ理想的です。使用の順番は、化粧水→乳液→保湿クリームの順番がいいでしょう。
テクスチャーがこってりしているものほど後に使用すれば、肌へ負担をかけることはありません。

 

敏感肌クリーム完全ガイド メニュー