保湿クリームの選び方

肌タイプ別!保湿クリームの選び方(敏感/アトピー/乾燥/脂性)


敏感肌向けの保湿クリームの選び方

敏感肌とは、どのような状態のお肌のことを指すのでしょうか?具体的には、少しの刺激にも大きく反応して肌トラブルが発生してしまう肌状態のことをいいます。敏感肌の特徴は皮脂の分泌量が少ないことです。それは肌を守るバリア機能が低下していることを示します。

そして、この状態をそのままにしておくとさらに乾燥が進み、悪化してしまうこともあるのです。この敏感肌のケアを考える時に大切になってくるのが保湿です。どんなに水分を与えても、その水分を吸収して保持する力がなければすぐに蒸発して乾燥を一層招いてしまうからです。

このようなトラブルを防ぐためにも、お肌のバリア機能を高めてくれる保湿クリームの存在は欠かせません。敏感肌におすすめの保湿クリームのタイプは、お肌に優しい弱酸性のもので無香料であるほうがいいでしょう。また、最近は人間のお肌のうるおい成分であるセラミドに注目した保湿クリームも多く出ているので、試してみるのもいいかもしれません。

アトピー肌向けの保湿クリームの選び方

アトピー肌の人にとって保湿はとても重要な事ですが、保湿クリームをしっかりつけることで炎症を抑えることもできるのです。但し、皮膚の炎症を抑えるという目的とお肌の保湿をする方向性は全く異なるものです。

炎症を抑えるならばステロイドが効果的ですが、ステロイドには保湿効果はありません。そして、高価な保湿クリームを使用してもお肌の炎症を抑えることにはなりません。

ですから、炎症やただれが酷い場合少しの期間はステロイドを使用し、お肌の炎症を抑えていくことから始めます。そして、皮膚の炎症が治まったら保湿クリームを使って、お肌の状態を整えていきましょう。

一度に炎症と保湿を叶えることはできないので時間はかかりますが、お肌の健康を考えれば一番の近道になるのです。そして保湿クリームはなるべく低刺激で無香料のものを選ぶといいでしょう。こってりしすぎず、オーガニック成分が配合されていればなおいいでしょう。

乾燥肌向けの保湿クリームの選び方

夏の間、クーラーの中に長時間いると気になってくるのが肌の乾燥です、特に乾燥肌の人には油断ならない季節といっていいでしょう。乾燥は冬だけの敵ではないのです。では、そんな乾燥肌に効果的な保湿クリームを選ぶにはどうしたらいいでしょうか?

軽いカサツキであればおすすめしたい一品が白色ワセリンです。値段もお財布に優しいのが特徴です。しかし、このワセリンはこまめに塗らなければならず、少しべたつくことが弱点です。石油から精製されるのでこうした感触になってしまうのです。気になるようでしたら、親水軟膏を選択することも出来ます。

親水とは水の間に親和性を示すもので、バニシングクリームともいわれます。サラサラしていて使い心地はいいのですが、落ちやすいので頻繁に塗る必要があります。どちらの保湿クリームも低刺激で、口に入っても安全な高い安全性が保障されていますが、どのような方にでも合うとは言いきれませんので、パッチテストなどを行った上で使用するようにしましょう。

脂性肌向けの保湿クリームの選び方

脂性肌とは皮脂の分泌が過剰になっているお肌のことを指します。皮脂そのものは私たちの肌に潤いを与えてくれる頼もしい存在です。感染症からも守ってくれます。しかし、多く分泌されてしまうとほこりがつきやすくなり、肌トラブルの原因にもなってしまいます。では、脂性肌にはどのようなケアが最適なのでしょうか?

一番最優先するべきなのは保湿です。脂っぽいから保湿はそこまでしなくてもいいのではと考えがちですが、それはNGです。お肌の潤いは肌の表面にある角質層の水分量と皮脂で決まります。この水分量が低下すれば乾燥し、シワヤたるみの原因になってしまいます。そして感想は一層の皮脂の分泌量を促すので、さらなる脂性肌になってしまうのです。

よって、ケアには化粧水→乳液→保湿クリームの順でしっかりお肌を潤してあげましょう。特に重要になる保湿クリームには、セラミドやヒアルロン酸が入った低刺激のものがいいでしょう。気になる部分に優しくなでるようにつけてあげると効果的です。

 

敏感肌クリーム完全ガイド メニュー