30代の保湿クリーム

30代からの保湿クリーム選びがエイジングケアを決める!正しい選び方とは?


30代向けの保湿クリームの選び方

30代は体もお肌もなにかとトラブルが多くなってしまう時期です。この原因はホルモンバランスの乱れにあると言われています。加えて、基礎代謝の低下が体に様々な変調をもたらします。

お肌が乾燥しやすくなり、キメが粗くなりやすくなってしまいます。こうしたトラブルを寄せ付けないためにも、適度な運動と必要分の栄養をしっかりとることが重要になってきます。

特にお肌のお手入れに使用する保湿クリームは重要になってきます。顔はもちろんのこと、予防という意味では、全身に塗ることで体型崩れを防ぐこともできるのです。これは保湿クリームが水分の蒸発を防ぐ働きをしてくれることで、お肌に水分を保てるようになるからです。保湿クリームを選ぶ際には、エイジングケア成分が多く配合されているもの、例えばコラーゲンやビタミンC誘導体が多く配合されているものが、30代にとってはおすすめといえます。

お肌の状況によって配合成分を見極めよう!

ここではお肌の状況別によっておすすめしたい保湿クリームを紹介していきます。まず、しわやたるみが気になる時の保湿クリームはビタミンやコラーゲンを多く配合したものがおすすめです。

これらの成分は乾燥したお肌に潤いを与えながら、栄養補給をする働きを担ってくれます。また、美白維持やシミ対策にはUVカット成分が配合されている保湿クリームや、潤いを長時間キープする保湿クリームが適していると言えるでしょう。

加えて最近では、サプリメントのようにビタミンやミネラルを含んだタイプもあるので、ご自分の体に合った保湿クリームを考えていくといいでしょう。ただし、気をつけなければいけないことは保湿クリームには消費期限があるということです。

大抵の物は2〜3ヵ月で使い切ることが理想です。もったいないからといって節約していると、成分によっては酸化する恐れもあるのでもっと早く使い切ることが求められます。

 

敏感肌クリーム完全ガイド メニュー